貯金0から資産構築!お金に愛される人生にしよう

「国際恋愛デート英語フレーズ集」プレゼント中!

【英語の常識】その言い方は失礼!?人種に関する英語

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
貯金0の状態から5年で不動産投資まで手掛けるようになった経験から、お金に悩む社会人の家計サポート、お金の管理・投資のオンライン講師として活躍中。 また、留学0&海外在住経験0で英語をマスターし、外資系コンサル企業に勤務。アメリカ、ヨーロッパを中心とした英語話者とのビジネス経験は5年。TOEIC L&R満点取得。 TOEIC対策、英語初心者の学習から、英語での面接&履歴書対策も受付中。 愛してやまない本と映画と海外旅行のオススメ情報も紹介!
詳しいプロフィールはこちら

アフリカ系アメリカ人が、警察官の行動によって亡くなってしまった事件について、連日アメリカでデモが起きている。暴動や略奪にまで発展しているというニュースを見た人も多いハズ。今回は、海外の人と仕事やプライベートで関わるなら避けて通れない、「人種」についての英語表現についてブログにするよ!

アメリカの人種問題?英語ニュースを見よう・読もう

2020年5月、アメリカのミネソタ州で起きた事件。

「白人警官が黒人男性を取り締まった際、首を押さえつけた」とされ、この男性は亡くなってしまった。

 

アメリカでは警官による暴行「Police Brutality」が以前から問題視されていて、特にアフリカ系の人への対応は人種問題もからんでいる。

何年も前から、不当に被害を受けたアフリカ系アメリカ人はいたけれど、今回の事件をきっかけに、アメリカ各地でデモが行われているよ。

日本のニュースでは、暴動や略奪の様子が放映されている。

これを見て、

「だから〇〇人は乱暴なんだ」

「日本人は穏やかだからこんな暴動は起こさないのに」

と思っていないかな?

 

日本のテレビのニュースは、海外のニュースを伝える枠が短いし、目を引くような事柄しか説明していないよ。

実際に暴動や、市民と警官の衝突が起きているのは事実。

ただ、こういう攻撃的なやり方に反発している人が実は多いよ。

ニュースやSNSで英語のニュースをチェックすると、平和的なデモを呼びかける人がたくさんいるし、警官の人がデモをする市民と一緒に、追悼をしている様子も見られる。

 

日本語の限られた情報だけで、「〇〇人は、、、」「日本人の方が良い」と考えるのはやめよう。

世界には、英語の情報量の方が圧倒的に多いよ。

 

【CNNのニュース映像】

被害者の弟が、暴動や略奪をする人に対して「なにをやっているんだ!」と怒りをあらわにしている。

こういう声もたくさんあることを知ろう!

「Cc」ボタンで字幕もつけられるから、見てみてほしい。

人種、肌の色を表す英語は正確に使おう

これだけの活動に発展するのだから、人種はやはりセンシティブな話題。

ただ、海外の人と友達になったり、彼氏・彼女になった場合は、人種や民族について話すこともあるよね。

 

人種や民族を表す英語は、使い方によっては失礼になったり、差別的な表現になってしまうことがあるよ。

(日本語でもそうだよね)

 

英語を勉強するなら、失礼のない正しい表現を覚えよう!

各人種を表す英語

人種を表す英単語は「Race」

実はこれは、見た目などの生物的な特徴を表す単語だよ。

この見た目で差別する人、人種差別主義者の人のことを「Racist」と表現する。

 

ただ、人にはそれぞれ、文化、国籍、ルーツなど、生物学的な特徴だけでは表せない「違い」があるよね。

そのことを「Ethnicity」(民族、民族性)というよ。

 

あえて人種のことを表現する場合には、この「Ethnicity」を表す単語を使うのが、一般的に失礼がないとされているよ。

アフリカ系・いわゆる「黒人」を英語で表現

黒人のことを「Black」というのは、差別的な表現。

(「黒人」という日本語も失礼な意味合いに取られることも)

 

彼らをEthnicityで表現する場合は、

African …

-アフリカ系〇〇人

を使おう。アメリカ人なら、「African American」だよ。

Whiteは失礼なの?「白人」を英語で表現

日本人が考える「白人」は、実は幅広い民族を含んでいるよ。

アメリカでは、イギリスなどからの移民のアングロサクソン系、スペインなどからの移民のラテン系など、ルーツによって言い方が分けられてることが多い。

 

「White」は、ものすごく差別的、ではないけれど、皮膚の色をつかった表現はしない方が無難。

 

ヨーロッパからの移民と考えられる「白人」の人は、

Caucasian

-コーカソイド

がベター。

 

他にも、ルーツである国や地域の名前をつかった表現「Irish American」「German American」などが使われることも。

ラテン系・ヒスパニックは?英語で表現

スペインなどからの移民(ラテン系)、また、メキシコなどの中南米をルーツにもつ人を「ヒスパニック」と呼ぶよ。

Hispanic American – ヒスパニック

Latino American – ラテン系アメリカ人

日本語では「白人」と表現されることもあるけれど、英語では「White」とは区別されていることが多い。

 

アメリカでは、スペイン語を話す人、という言語でのつながりで民族としての意識をもっている側面も。

アジア系はなんで呼ぶ?英語で表現

アジアの国にルーツを持つ人も、見た目や肌の色も様々だよね。

日本人などのモンゴロイド系の人から、東南アジアやインド近辺など。

「Asian」でひと括りにするのは少し難しい。

 

アジアからの移民がいる国では、「Japanese American」「Chinese American」のように、

「ルーツ + 国籍」

で表現することが多い印象。

あえて肌の色を説明する時には

説明したように、人種を表現する時には、「見た目」ではなく、「民族性」に関連する英語を使う方がいい。

 

では、あえて「肌の色」について話す場合はどうすればいいのかな?

たとえば、犯罪の目撃情報などで「見た目の特徴」を説明する時など。

これにも、差別的にならない表現があるよ。

 

アフリカ系の肌

Dark-skin

Blackはあまり使われず、「Dark」が好んで使われるよ。

 

白人の肌

Caucasian

Whiteでも、まあオッケー。

でも民族と同じ「コーカサス系」と表現するのが良いよ。

ヒスパニック系

Brown

Olive

Hispanic」と表現されることも多いけれど、「褐色の肌」と表すならこれ。

 

アジア人

Olive

Medium

「Yellow」は差別的・自虐的なので避けよう。

Asian」でももちろんオッケーだし、色を表すなら上記を使おう。

 

ちなみに、女性が好む「色白」は「light-skinned」や「fair-skinned」というよ!

必要がない場合は人種・肌の色の話はしない

「あえて人種・肌の色を英語で言うなら」ということで記事を書いたよ。

 

ただ特に、アメリカやヨーロッパなど、様々な見た目の人が暮らす地域では、日本人が考えるより人々は人種問題に敏感。

 

イギリス人の友人(Caucasian)に聞いたところ、白人として、アフリカ系やアジア系の人に出身国を聞くことも、センシティブな質問なんだとか。

 

間違えた表現を使ってしまった場合は、キチンと訂正を。

 

基本的には、よほど親しい関係でない場合は、人種・肌の色の話はしないようにしよう。

それでも、正しい表現を知っておくことは大切。

しっかり頭に入れておこうね!

 

KEI

人生を変える!「Keigoクラス」

英語ができるようになったら、アナタは何がしたい?

英語を使って憧れの仕事をする?

それとも、外国人とラブラブデートする??

ワクワクするよね♡

 

でもこんなコトで悩んでない??

「英語の勉強はいつも三日坊主(泣)」

「仕事が忙しくて時間がない」

「英語が苦手で、やる気が出ない」

 

【Keigoクラス】は、

「日常生活」から改善して、アナタの英語をサポートするよ!

だから「続く」し、「楽しい」!

アナタの人生を変える!【Keigoクラス】

おっけい先生】がアナタだけのお悩みにじっくり向き合うよ!

アナタの人生を変える!【Keigoクラス】

この記事を書いている人 - WRITER -
貯金0の状態から5年で不動産投資まで手掛けるようになった経験から、お金に悩む社会人の家計サポート、お金の管理・投資のオンライン講師として活躍中。 また、留学0&海外在住経験0で英語をマスターし、外資系コンサル企業に勤務。アメリカ、ヨーロッパを中心とした英語話者とのビジネス経験は5年。TOEIC L&R満点取得。 TOEIC対策、英語初心者の学習から、英語での面接&履歴書対策も受付中。 愛してやまない本と映画と海外旅行のオススメ情報も紹介!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お金コーチ「おっけい先生」 , 2020 All Rights Reserved.